スズキとVWの提携を想う

こんばんは。いらして下さってありがとう。
今日はどんな一日でしたか?


今朝、スズキとVWの提携について、
スズキびいきのNちゃんにメールしたとき。

「会長(社長)が昔、インドに進出したのは、
先見の明というより運かな。」

との内容に、きっぱり「運だ!」と返してきた。
運と、人間的な会社経営だと。

確かにスズキは派遣切り吹き荒れた
昨年から今年にかけて、一切そういう
削減の仕方はしていないし、
下請けに対するコストダウンも要求していないと
記憶している。

今年出版された会長の自伝
『俺は、中小企業のおやじ』は久々に
この手の本としては手に汗握る?内容で、
世界をまたにかけ物怖じせず
突っ走ってきた鈴木会長の足跡が垣間見れる。

非常に泥臭く、洗練もされてない
「超行動力のある、人のいい田舎のオヤジ」
の冒険大活劇。ダジャレで新車のキャッチコピー
決めてるとこなんか吹き出しちゃったよ。

Nちゃんはそういう、人を人として扱う、
人に優しい企業が日本一、いや
世界一になってほしいと願っている。
同感。

ただ、「困ったら、出せ。」の法則は
結果的には「負払い」にも通じていて、

伊勢神宮に大鳥居を建てたP社(元N社)や、
遷宮予算の殆どを出したと言われるT社は
人間らしい経営をしていなくても
しばらくはびくともしないかも・・・とも話している。

ともあれ、もしかしたら
VWとの提携によって
世界一になるかもしれないスズキ。
もちろん、先のことは分からないけど。

でも、こんな時代だからこそ、
人としての心を持ち続けている人たちを
上はちゃんと見ているのかもしれない。











×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。