「西の魔女が死んだ」〜いつもそばに

このブログをのぞいてくださって、ありがとう!



昨日の誕生日、
自分ひとりの時間を頂いて
映画「西の魔女が死んだ」を観に行きました。
http://nishimajo.com/top.html

実は「靖国」とどっちにしようか
迷って迷って迷って(笑

最後まで迷って、
結局車に乗ってから身体の向く方に行こうと思ったら、
「西の魔女・・」の伏見ミリオン座に到着〜。

もちろん、間違いなかったです。



感受性が豊かな故に不登校になってしまった少女。
山奥でほぼ自給自足の生活をするイギリス人の祖母に
預けられた彼女は、祖母の言う「魔女修業」に
取り組むことになる・・・・


魔女修業のベースは
早寝早起き、毎日身体をよく動かし、
ご飯もいっぱい食べること。
最も基本的で健全な三次元生活が、
魔女になるための第一条件。

うーん。自分を顧みて、
確かにそういう生活を送っているほうが
悩みは少ないですね(笑
身体を安定させるということは、
心を安定させるということの大切な要素なんだと改めて感じます。


「魔女になるには、心の待ち方がとても大事。
ひとが何をしたか、何が起こったか、ではなく
自分の心が怒りや不安でいっぱいになっていることが問題なのです」
少女が近所に住む無骨で無神経な男に憤りを感じたとき、
祖母が諭す言葉です。

この考え方にもはっとさせられました。
他人の問題ではなく、
自分の問題なんですよね。

出来事によって、自分の心がどう反応するか。

それに気づいて、どう処理していくのか。

引き寄せの法則、じゃないけど、
ネガな思いはネガな現実を生み、
ポジはポジを生む。

目の前の現実は、全部、自分の責任。
原因があり結果があり、
その結果がまた原因となり結果が出てゆく。
生きている限り(いや、その後も?)の輪廻。

流れを変えるのは自分しかいないんですね。
他の誰もあなたの人生の責任を取ることはできないのです。
そう思うと、厳しいですが、楽しくもあります。
だってすべて自分次第なんですから!


私は祖母の方の立場で、
いろいろ感じさせて頂きました。

愛する人と心が通うとき、
そこにとても大きな喜びや癒しがありますね。

また、通わないとき、
とても辛いのですが、それでも
自分はその人を愛し続けているという事実が解れば、
それもとても大きな喜びになります。
まさに、魂が震えるような・・・。


実は、すべての人が、
「I know」=知ってる、んでしょうね。

すべてが、愛の許にあることを。
愛は、いつもそばにあることを。

愛でつながることができる人たちは、
みんな「魔女」です♪



あなたも素敵な選択を♪




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。