美しい笑顔で旅立つこと

このブログをのぞいてくださってありがとう!


お世話になっていた近所のおばあちゃんが
亡くなられた。
もともととてもいい笑顔の方で、
お棺の中でもきれいな笑顔だった。

どの人も彼女の笑顔を讃え、
あまりの若さに残念がっていた。


「こんな風に旅立てるのは素晴らしい」


人の集まるところでは基本的に
とても光が通りやすくなっている。
お葬式は体験上、かなり通る(私だけかな?)。
通っていることを感じると、
ただただ感謝の思いしか浮かばない。


「おばあちゃん、
 ありがとうございました。
 ありがとうございました。
 ありがとうございました。」


お葬式の時の私の心の中は、ただ、感謝。
多くの方々に愛を表現したであろう
その方の人生に、魂に、ただ感謝。
こうしてご縁あってお見送りできることに、
ただ、感謝。


そうすると、悲しい涙ではなく
感謝の涙が溢れて来る。


光もスピリチュアルも特別な人が特別なところで
教えてくれるわけではない。
こんな風に日常に、いくらでも感じられる。
特別なことなど何もない。



お葬式の中で進行役の方が、
おばあちゃんが信仰されていた宗派に対して
「この世で最高の教えである○○教・・・」
と仰っていたのを聞き、

「最高の教えは私たちひとりひとりの中にある」

という言葉が湧き上がってきた。

私たちひとりひとりの中に
最高の神様がいる。

毎日が、感謝と奇跡。


今日もありがとうございます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。